教育者として行うべき授業準備とは

教師が授業をするにあたっては、事前準備がとても大切になります。
毎日の授業に対して少しでもいいので予習する時間を作るようにしましょう。
授業は教育という名のある種のステージと考えることができます。
このステージをどのように演出するかは事前の準備にかかっています。
生徒をいかにして引き込んでいくかという話術や視聴覚教材を使った演出などいくらでも教育には工夫をする余地があります。
まず最初にその授業での到達点を具体的にイメージします。
次にそのためにはどういった授業を実施すればよいかを順に考えていくことになります。
実際の授業ではいわゆるツカミと呼ばれる最初の導入部分をどのように演出するかがカギを握ります。
時事問題から取り入れてもよいでしょうし、一見無関係なジョークから入るのも効果的です。
この段階ではまずはしっかりと話を聞いてもらう場を作ることが肝心です。
あまり硬くならないように注意し、リラックスしたムードを作るように心がけましょう。